ボーガと日常
2017.10.06 23:23 | 思考

顔を半分あげて
灰色の雲を見つめているボーガ
「なにを考えているの」
しゃがみこんで訊いてみる
何も答えない
彼の視線の、その先を探す
何も見えない

灰色は一瞬黒みを帯びて
やがて白々と周囲を巻き込み
日常の波を連れてきた

日常には空がある
日常には花が咲く
日常には、日常には

立ち上がったのは
気配が消えたからだ
振り向かずともわかる
ボーガはもう、ここにはいない
不在の寂しさは捨てた
わたしは、どこかほっとしている
どこへ向かって歩こうか
得体の知れない朝に
期待し始めている











- CafeNote -