デンマーク旅行記⑤
2017.10.06 20:48 | 旅・国

Day(Dag)5 & 6 @København , Tokyo
8月24&25日(木曜&金曜日)

最終日は、先月末青山店が閉店した
『アンデルセン』のコペンハーゲン店に立ち寄りました。

 

小さな店構えながら、
地元のお客さんがひっきりなしに行き交う、
素敵なパン屋さん。




品揃えはデンマーク仕様で、
日本にはないものがほとんどです。
アンデルセン名物のデニッシュ(こちらではデニッシュとは言わず、
ウィーンのパンと呼ぶ甘いパン)を、
たくさん買ってしまいました。

 


カフェでは、ルバーブのタルトを美味しく頂いて。



帰り道の、運河を見下ろす橋の上。



朝から元気にスタスタ歩く夫の後ろ姿を追いながら、
始まりはどうなることかと不安だったこの旅も
もう終わりだな、
あと数時間で機上の人になるんだな、
と思うとせつなくなりました。

飛行機では、
日本で観られないデンマーク映画はきっちり観て(笑)、
日付を跨いだ東京に降り立つと、、、暑い(汗)
自宅に帰るとさっそく、冷たい素麺を。



また、ありふれた日常が始まります。
でも、これまでとはきっと違う日常です。


※アンデルセンのコペンハーゲン店は、チボリの横にあったはず、
と思いつつ、グーグルマップで探してやっと辿り着きました。
日本に帰ってから知ったのですが、
この日の一週間前に移転新装オープンしたばかり!だったそうです。




デンマーク旅行記④
2017.10.06 19:26 | 旅・国

Day(Dag)4 @Nyhawn og Strøget @Helsingør
8月23日(水曜日)

一篇の戯曲のようだった一日。

【第一幕】
物語は「これぞデンマーク!」という、
世界的に知られた運河沿いの街並み『ニューハウン』
から始まります。



爽やかな朝の光を浴びながら、
カフェで1日の予定をなんとなく話し合った私たち夫婦は、
とりあえずお土産を買いに行くことに。



コペンハーゲンの目抜通り『ストロイエ』に足を伸ばします。



クッキーやキャラメルや、老舗の紅茶を大量に買い込み、
ロイヤルコペンハーゲンのカフェでランチを。




そこで、デンマークと日本の食文化を組み合わせた
「スムシ(SMUSHI)」に出会います。
いわば寿司のようなオープンサンドイッチ。
smørrebrød+sushi=SMUSHI




【第二幕】
あまりに歩き疲れたので、ホテルに戻り、
ほんのすこし休むはずが眠ってしまい、
はっと目を覚ましたら夕方近くに!
予定していたクロンボー城へ行くにはギリギリの時間。
変更して近くを散策するか迷いながら駅へ。



運良く、5分後に出発する電車を見つけます。
なんとか城の閉館時間までには間に合いそうです。

【第三幕】
コペンハーゲンから北へ45キロの距離にある『ヘルシンオア』。



駅の改札を抜けると海沿いに聳え立つ古城がすぐそこに現れます。
シェイクスピア「ハムレット」の舞台、クロンボー城です。



間に合ってよかったと胸を撫で下ろしながら入り口に向かうと、
一枚のポスターが。



何と今夜は日本の能のパフォーマンスがあるとのこと!
偶然にも夫の故郷、熊本ゆかりの能楽師らしい。
これは観ていかなければ。



【第四幕】
城めぐりを終えた後もヘルシンオアに留まり、





新作能というハムレットをモチーフにした「オフィーリア」を観賞。


 

デンマークと日本が国交を始めて150年。
記念行事のひとつだったようです。
まさかこの地で能を観るとは、、、
想定外の1日の終わりに、感慨深い二人でした。(終わり)

【エピローグ】
今回の旅で、私たち夫婦の個人ガイドを務めて下さった
「レイコ先生」に観客席で遭遇!
通訳の第一人者として、デンマーク人のご主人とともに
最前列に招待されていらっしゃいました(お仕事だったのかも)。




デンマーク旅行記③
2017.10.03 22:32 | 旅・国

Day(Dag)3 @Odense 
8月22日(火曜日)

「人生は旅だ!」

コペンハーゲンから海を渡り、
電車で一時間半。



シルクハットと小さなトランクで世界を旅した
アンデルセンの生誕地、オーデンセへ。





童話の風景そのままの
可愛らしい街並みのなかで、
貧しい子ども時代を過ごしたアンデルセンの家は、
薄暗くひんやりとした、狭い一間。



14歳でこの部屋を飛び出した彼の、
はちきれんばかりの心を想いました。

今年10月いっぱいで閉館(新しく建て替えるのだそう)
という博物館では、切り絵が得意で、




お世話になった家の人々にプレゼントしていた
という作品がとても素敵だったので、
そのなかの気に入ったひとつ(もちろんレプリカです)
をお土産に。



中庭で行われていた寸劇を観賞して、
日帰りの旅は終了。



夕食は、コペンハーゲン中央駅近くで、
ガイドの「先生」(デンマーク在住45年のレイコさん。
時々ビシッと叱られつつ、昨日今日と講義のような
的確なガイドをして下さったので、私たち夫婦は「先生」
とお呼びしておりました)、お勧めの中華料理を。




初日から歩き通しで、疲れきっていた身体に、
再び活力を与えてくれました!

さあ、人生の旅は続きます!


(↑オーデンセ駅前の信号。アンデルセンのシルエット)




デンマーク旅行記②
2017.10.02 20:49 | 旅・国

DAY(Dag)2 @Copenhagen 
8月21日(月曜日)

憧れのデンマーク。

この旅を実現しようと心に決めたのは、
2017年の「今」だからです。



この国が日本と国交を始めて150年の今年。
1967年生まれのわたしも、50歳。




人生の節目を迎え、
これまでを振り返りこれからを夢想するなら、
考えるより先に動かなければと此処へ来ました。

そんな「今」を全身で感じた「今日」です。

よく晴れた、澄んだ空の下。



運河からこの街を眺め、



宮殿の特別展示に歴史を学び、



自転車で行き交う大勢の人々のスピードに驚いたり、



酪農の国ならではのソフトクリームやチーズ、



世界一と謳われるコーヒーや、
とにかく美味しすぎるオープンサンドイッチ
(smørrebrød/スモーブロー)に感動したり。




印象的だったのは、
キェルケゴールの銅像に隠れるようにして
こちらを見ていた、小さな女の子でした。









デンマーク旅行記①
2017.10.01 12:55 | 旅・国

この夏、夫婦で訪れた初めてのデンマーク。
下記はその6日間を記した日記です。


2017年8月20日(日)~25日(金)


DAY(Dag) 1 @Copenhagen 8月20日(日曜日)

デンマークの夜は明るく、
日が落ちるのは21時を過ぎたあたり。
気温は13度くらいで予想以上に肌寒く、
体調を崩した夫と
長袖の服をできるだけ重ね着をして、
初めてコペンハーゲンの街を散策しました。




ホテル近くでステーキをもりもり食べたら
なんとか復活した夫にほっとしつつ、
きらきらしたチボリ(古くからある遊園地)の前を通り、



かねてから大ファン❤
イヤマちゃんのキャラクターが可愛いスーパー
『Irma』へ。



この国の国民が愛してやまないお菓子
(だけれども、ひどく不味い)という
ラクリス(LAKRIDS)をさっそく購入。




うん、、たしかに漢方な味で美味しくはないです(笑)
でもすごく食べてみたかったので大満足!

☆機内で大好きな俳優ニコライ・リー・カース主演の
おそらく日本では公開しない)デンマーク映画も観られて
こちらも大満足!



追伸。初めて話してみたデンマーク語が
お店の人に通じて嬉しかった。
Må jeg bede om regningen?
「お勘定お願いします」






 kategori





- CafeNote -