なぜデンマーク?
2017.10.07 15:15 | 映画・ドラマ

「デンマークが好きなんです」
そう口に出すと決まって、「なんで?」「どうしてデンマーク?」
と訊かれます。

「誰かを好きになったときと同じように、
好きなことに理由なんてない」
と答えたいのだけれど、説得力がなく、
納得してもらえません(笑)

だから、「出会った瞬間から恋に落ちた」
その出会いを話すようにしています。


今から4年ほど前の2013年。
ドラマ「キリング」(CS『スーパー!ドラマチャンネル』放送)の
シーズン1と2、このふたつを続けて観たこと。
これが、最初の出会いです。

当時、ドラマの脚本を書く仕事、、
とくに2時間ドラマなどに代表されるミステリー系を
書くことに疲れていたわたしは、
日本のドラマ作りの在り方に疑問と失望と、
やり場のない気持ちを抱えていたのですが、
そのすべてを払拭するかのように、
目の前に現れた、理想の作品でした。

子供の頃から海外ドラマに興味があり
BBCのホームズやポワロは大好きでしたし、
アメリカのハリウッド系のものはもちろん、
韓国ドラマも中国ドラマも、
ジャンルを問わず、国を問わず、
かなりたくさんのドラマを観てきた、という自負はあります。

それまで観たどのドラマよりも、どの作品よりも、
わたしが求めているもの、
憧れているもの、
書きたいもの、書きたくても書けないもの、
すべてを内包し、提示し、
さらにその先の世界を驚きを持ってみせてくれる――――
『キリング』はわたしに、言葉以上の衝撃を与えたのです。

こんな作品を創るデンマークという国は
いったいどんな国なんだろう?
たまたまこのドラマが素晴らしいだけ?
この制作スタッフが優秀なだけ?
デンマークに限らず、スウェーデンや北欧のドラマは?

折しも、スウェーデンの「ドラゴンタトゥーの女」が
ドラマ・映画ともに日本で人気を得て、
北欧ミステリーブームが沸き起こっていた頃。
「知りたい」気持ちが募ったわたしは、この機会に乗じて、
とにかく北欧のドラマはなんでも手あたり次第、
観るようになりました。

スウェーデン「ドラゴンタトゥーの女」
      「刑事ヴァランダ―(BBCと共同)」「凍てつく楽園」
      「エリカ&パトリック事件簿」
      「犯罪心理分析官インゲル・ヴィーク」
スウェーデン・デンマーク合作「ブリッジ」
デンマーク「ゾウズ・フー・キル」「コペンハーゲン」
ノルウェー「私立探偵ヴァルグ」「ジャーナリスト事件簿~匿名の影」

などなど、いま思いつくものをざっと書きだしたので、
ごく最近のものもあります。
どれも素晴らしかったのですが、
「キリング」のときと同じほど唸ったのは、
「ブリッジ」と「コペンハーゲン」です。

わたしにはやはりデンマークのドラマがもっとも響く、
ということがわかり、わかった時点ではすでに
ドラマのほかに映画や本へと興味は広がり、
アンデルセンの童話やキェルケゴールの哲学、
そして、国民の幸福度が高い「デンマーク」という国、
そのものを知りたくなっていったのです。

好きな人を、もっと知りたくなる。
ただそれだけのことが、ずっと続いているだけなのかもしれません。

いつかこの熱も冷めるかもしれません。
微熱になるかもしれないし、冷めないかもしれません。

今は、大好きなデンマークについて、
思うこと、感じること、
知りたいことや伝えたいことを、できるだけ書き留めていきたい。

HPを立ち上げたこの機会に、
デンマークについてのページを作ったのは、
そんな思いからです。

お付き合い頂ければ、幸いです。



木庭撫子



追伸。
わたしの「デンマーク好き」を決定的なものにした映画があります。
2014年から、デンマーク語を習い始めているのですが、
最初の授業のときに、先生に教えて頂いたスサンネ・ビア監督の「しあわせな孤独」です。



作品の詳細については、「キリング」も含め、
次回からゆっくりお話していきます。

なにも情報のない、まっさらな気持ちで観たら、
きっとあなたの心になにか落としてくれる、そんな映画です。






 kategori





- CafeNote -