デンマーク旅行記③
2017.10.03 22:32 | 旅・国

Day(Dag)3 @Odense 
8月22日(火曜日)

「人生は旅だ!」

コペンハーゲンから海を渡り、
電車で一時間半。



シルクハットと小さなトランクで世界を旅した
アンデルセンの生誕地、オーデンセへ。





童話の風景そのままの
可愛らしい街並みのなかで、
貧しい子ども時代を過ごしたアンデルセンの家は、
薄暗くひんやりとした、狭い一間。



14歳でこの部屋を飛び出した彼の、
はちきれんばかりの心を想いました。

今年10月いっぱいで閉館(新しく建て替えるのだそう)
という博物館では、切り絵が得意で、




お世話になった家の人々にプレゼントしていた
という作品がとても素敵だったので、
そのなかの気に入ったひとつ(もちろんレプリカです)
をお土産に。



中庭で行われていた寸劇を観賞して、
日帰りの旅は終了。



夕食は、コペンハーゲン中央駅近くで、
ガイドの「先生」(デンマーク在住45年のレイコさん。
時々ビシッと叱られつつ、昨日今日と講義のような
的確なガイドをして下さったので、私たち夫婦は「先生」
とお呼びしておりました)、お勧めの中華料理を。




初日から歩き通しで、疲れきっていた身体に、
再び活力を与えてくれました!

さあ、人生の旅は続きます!


(↑オーデンセ駅前の信号。アンデルセンのシルエット)




 kategori





- CafeNote -